当サイトは風俗コラムを多数掲載している体験談記事を集めたブログです☆

風俗で託児が使えるお店は意外と多い?:風俗最強アーカイブ

風俗で託児が使えるお店は意外と多い?

5 PV
風俗で託児が使えるお店は意外と多い?
風俗店はなにも若い女性だけが働いているものではありません。意外と20代後半や30代の女性キャストも多かったりします。そんな環境なので、案外店舗の企業の内面は女性社会だったりするのです。一般の会社であれば女性が子供を授かって休職するでお休みとなる場合、人材の扱い方の判断が非常にシビアになってしまうものです。よくある話ですよね。余程有望な人材のいる大企業などになると、子供を預けて仕事を続けられるという待遇を受けられる場合もあるでしょう。風俗業界はそれにすごく近いところがあります。例に挙げた一般的な会社と同様に能力面が非常に重要視されており評価をされるので、働き続けて欲しいと考えているお店がほとんどです。風俗業ともなると女性が商品といった位置づけになってきますので、当然のことと言えるでしょう。ですので、現在では自社で託児を利用できる風俗店が非常に増えてきている状況となっています。例えば五反田のファッションヘルスあたりだと、短時間勤務で無理なく働けるような風俗があるようです。特にピンクサロンは拘束時間もゆるく、働く上では申し分ない環境です。ピンサロは一定の時間でサービスタイムを設けて性的なサービスを行います。ですので、スケジュールが時間単位で計算できます。また、お店の営業時間も路面店となるため、電車がある時間までとなっていて深夜までは及びません。すると、やや遅めまで働くお仕事にはなりますが、生活リズムを崩すことがないレベルで働けるのです。大体が12時~23時頃まででしょか。ですので、12時~19時までの勤務もいいですし、15時から20時までの勤務でも良いわけです。その間、子供は会社の託児所に預けていれば良いわけですから、帰るころに迎えに行って一緒に帰れます。時間的にも無理はないですし普通の会社に勤めているような感覚にもなるでしょう。風俗の業界でも活用しやすいジャンルによっては託児のイメージにも違いはありますが、お店の頑張りしだいではかなりの需要はあるはずです。しかし、簡単に託児といっても育児・子育てが関わるものです。ですから、派遣型風俗店などに勤めていて深夜や朝方まで勤めていての託児の利用というのはあまり望ましくないようにも感じられます。結局、子供が1歳くらいからが利用できるものだと思いますが、働いている間は寝ていてお母さんが疲れて帰ってきた昼には子供は起きており育児をする必要がある訳です。体よく子供を預けられるから働き続けることが可能だという理屈は現実問題として少し違っていて、風俗業界だからといって子供を預けられるだけがゴールではないと考えられます。深夜帯まで働かなければいけない風俗店では託児はアンマッチなものかもしれません。
2019.02.22 求人 /