当サイトは風俗コラムを多数掲載している体験談記事を集めたブログです☆

AV:風俗最強アーカイブ

ハメ撮りが一番好き
AVを見てて思うのが、なんであんなにワザとらしいやり取りの演技を挟むのかということです。AVというのは日常では考えられないような行為を映像化しているわけですから、見るもの全てが新鮮であることは確かですが、逆にだからこそリアリティーが必要であると思うのです。何故かって?だって、実際に作品中で出てくるようなことができ…
2018.08.20 [その他]
AV女優として働き風俗嬢として働く
性的なサービスを提供する仕事として挙げられるのが「AV女優」と「風俗嬢」。それぞれサービスの提供方法が異なるが、根本の部分で言う「性的なサービス」に関しては同じで、どの範囲までサービスが出来るか等、鑑賞型なのか体験型なのかの違いしかないのかな、と最近思うようになったけど、ボク個人としてはどっちも好きです(笑。とは…
2018.08.20 [その他]
「パンスト」ってジャンル知ってる?
パンスト、略してパンツストッキング。いや、逆だわ。パンストは男性諸君に性的興奮を与える(女性は決してそんな事は思っていないはず)。特にスカートを穿いた女性が素足では寒い、生足を見せたくない等でパンストを履く方が多いかと思いますが、僕達からすれば「むしろ、ありがとうございます」という気持ちでパンストに包まれた美脚を…
2018.08.20 [その他]
セックスを仕事にしていると思うこと
「仕事」って本当にたくさんあって、一般的には知られていなかったり、社会に出ている僕らがまだ知らない仕事ってたくさんあるんですよ。僕の持論ですが、人が関わるすべての事柄に仕事は存在しているのだと…(当たり前だろ)。需要があるから供給をしなければいけない。需要があればなんだって仕事に出来るもんなのさ。全うかそうでない…
2018.08.20 [その他]
AV女優のデビュー作は結構シンプル
どんな仕事をしていても疲労やストレスを感じるのは最早言うまでもないっすけど、AV女優って普通にセックスする作品からフェチ系なものからハード系等ジャンルが多く、その作品によってコンセプトやテーマもあるもんだからそれに合わせたセックスをしなくてはいけない。演技であったとしても結構大変だよな…、と他人事に思ってしまいま…
2018.08.20 [その他]
AV女優が誕生するまで
僕達が今までお世話になっているAV女優が誕生するまでの経緯って知ってます?最近では人気AV女優のメディアへの露出が増えて何かと経験談を話す機会とか書籍を出して赤裸々に今までの人生を語ったり。消費者な僕らはそんな経緯を知ってようが知らまいが正直どうでもいいんだけど、知っておくと今後のAV鑑賞の中で何か感動するものが…
2018.08.17 [その他]

AVはアダルトビデオの略で、世の中の男性が利用を必ず一度は見たことがあるといっても過言ではないでしょう。AVを見る機会は、1990年代頃まではVHSが主流となっていましたが、2000年代に入ってからはDVD、Blu-rayと姿を変え、現在ではウェブ上での配信によっても閲覧が出来るようになりました。ジャンルは豊富にあり、まるでアイドルのような容姿をした美女がイケメンとセックスをするオーソドックスなものから、マニアックなプレイを楽しむタイプのものまで様々なものがあります。人間の趣味趣向の数だけジャンルの数があるといっても過言ではありませんので、ソフトなプレイのものからハードなプレイのものまで様々です。また、AVに出演する女性のレベルも年々上がってきており、元々芸能人やアイドル、モデルや女優と言った花形職業についていたとされる女性がAVでデビューをする機会も増えてきています。そういった女性が何故AVに出演するのかというと、有名であればあるほど、出演料が高くなる為です。有名な芸能人がAVに出演した場合、億単位のお金が動くといったケースもあります。それだけAVに出ることを望まれるだけの価値がある女性であるからといえるでしょう。また、AVは画面の向こう側で楽しむだけでなく、実際に会ったりすることも出来ます。例えばAVの発売日ともなると、有名女優の場合はイベントを開催して実際に握手をしたりチェキを撮れたりもします。また、対応できる女優は限定されますが、撮影会を開く女優もいます。ファンからしてみれば生の女優を目にすることが出来る上、自分の好きなアングルでAV女優を撮影することが出来るので、大満足という訳です。また、AV女優の中には、風俗店でも働いているAV女優もいます。元々有名だった女優の場合、その知名度によって風俗店で働けば高額を稼ぎ出すこともできますし、一定層のファンが定期的に利用をすることにより、AVにわざわざ出演しなくても良いことになります。以前はAVといえば出演しファンが観るかたちしかありませんでしたが、遊び方も豊富になってきているといえるでしょう。